2007年01月23日

ノアの箱舟

旧約聖書の中の話や神話や伝説が、全くの寓話、作り話でない証拠に近年、神話や伝説がもとで、様々な歴史的発見がなされているのは周知の事実である。こう考えれば、「ギルガメッシュ」に記された大洪水の話は、この地方でよく氾濫を繰り返したチグリスとユーフラテス川の洪水による大惨事とだぶってくるのは否めない。

 そして、この忌わしい大洪水の記憶が、受け継がれ変形されて、ノアの箱舟伝説になっていったと考えられるのである。大洪水は、聖書に描かれているような規模ではなかったものの、人々の心に凄まじい恐怖を植えつけることは出来たはずだ。

1953年には、ヘリコプターのアメリカ人パイロットが、アララト山の斜面に巨大な箱舟の跡を発見し、30メートル上空から鮮明な写真を撮っている。

 1956年には、フランスの探検隊が、アララト山の氷河と氷湖の間で、巨大なL字型の船の竜骨を発掘した。


 さらに、1969年には、今度はアメリカの探険隊が、氷河の中からその一部を持ち帰ることに成功した。専門家が炭素による年代測定を行ったところ、紀元前3千年頃の木材であり、化石化していたことが判明した。
 その後も、探険は何回か行われ、ある時は、何も発見することなく空しく終わることもあったが、中には、決死的覚悟でノアの箱舟の一部と思われるものを持ち帰った探検隊もあった。

 なにせ、大部分は、電動ノコも全く寄せつけぬ氷層下にあるため調査は難航しているということである。ある探検隊は、地中レーダーを使ったこともあったが、その結果、分厚い氷層下にあるそれは、糸杉でつくられた紀元前3千〜4千年ほど前の巨大構造物であり、竜骨、柱、リベット、イカリらしきものも確認されたと報告している。
 人工衛星からの画像からも、巨大な影が捉えられたこともある。それによるとその構造物の形は、旧約聖書に出てくる箱舟のようなシルエットであり、これは、1965年にロンドンのディリー・テレグラフ紙に発表されて、一大センセーショナルを巻き起こした。

 この画像によると、箱舟の大きさは、全長150メートル、幅24メートル、高さ15メートルにおよぶ巨船ではなかったかと推定されている。これは豪華客船クイーン・メアリー号の3/2に匹敵する規模である。しかも、このサイズは、神がノアに箱舟をつくる際、命じた寸法とほぼ同じなのである。
詳細は、今後の調査を待たねばならないが、聖書の世界だけの幻象と考えられてきたノアの箱舟が、過去に実際起きた事実に基づくものであったならば、我々の持つ既存の認識に大衝撃をもたらすであろう。
posted by yutanpe at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 超古代の謎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31942496

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。