2007年02月01日

謎の地底王国アガルタ 2

アガルタへの入り口は、チベットの首都、ラサにあるダライ・ラマが住むというポタラ宮殿内にあると言われている説まである。その出入り口は、ラマ僧らによって厳重に管理されているというのである。

 そのとてつもなく巨大な宮殿は、13階建てで、部屋数は千を越し、山全体を覆うようにして建てられている。そして、ほとんど内部は公開されたこともなく、今なお、秘密のベールに包まれているのである。
 確かに、この得体の知れぬ巨大な宮殿の地下がアガルタの入り口につながっていると言っても、おかしくはないムードを漂わせている。


ラサにある巨大なポタラ宮殿
agahrta_4.jpg何かと不思議の多いチベットだが、この国は、小乗仏教とタントラ(密教)の教えが、生活に溶け込んでいる

中でも最高のものとされているのが、時輪(じりん)タントラと呼ばれるものなのだ。
 時輪とは、時間と森羅万象をあらわす言葉とされ、宇宙とは、この世の一切と時間が、交互に折り込まれた概念であるという壮大なニュアンスを意味している。

それによると、シャンバ ラは、7つの大陸に囲まれた南の大陸にあるという。この大陸はさらに6つの地域に分かれ、 シャンバラは、北から2つ目に位置しているというのである。しかし、巨大な山脈に覆い隠されているので、人目に 曝されることはないと書かれていたのである。残念なことには、説明は、すべて抽象的でシャンバラが具体的にどこに存在しているのか、そういった我々が、知りたいことには結局、触れられてはいない。


posted by yutanpe at 09:45| Comment(1) | TrackBack(1) | 東北王朝(日の本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タントラゲーム画面を認識してそれによる動作を自動で行います。
モンスターが選択された時の攻撃/スキル/バッフ動作と
モンスターが選択されなかった時のアイテム拾い/ターゲット選択などの動作を遂行します。
キャラクターのHP/MPをチェックしてポーションを自動で飲みます。
詳しい情報 → (www.automouse.jp)
Posted by Tantra_Auto at 2007年02月03日 11:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32554039

この記事へのトラックバック

シャンバラ伝説
Excerpt: 理想郷、シャンバラ伝説について書いてみました。
Weblog: ヨーガの神秘 光の世界へ
Tracked: 2007-02-11 02:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。