2007年02月07日

ネアンデルタール人の弾痕

この頭蓋骨は、1921年にアフリカのザンビアで発見されたネアンデルタール人の化石である。

 

ネアンデルタール人といえば、人類の祖先といわれていることで有名だが、頭蓋骨の左側側頭部に、弾丸が貫通したような痕跡が発見された。ヨーロッパで銃が発明されたのは14世紀である。

 

なぜ10万年前の化石人骨の頭蓋骨に弾丸の痕が残っているのか?発見場所は地下18メートルの地層からである。考古学者に持ち込まれたが、説明がつかず、ベルリンの法医学者の専門家が調査に乗り出した。

ご存知の通り、法医学者は死体を解剖して、死因の原因究明を担当する専門家である。

15.jpg 

彼らが出した結論は、「高速で発射された弾丸が左側頭部に入り、反対側に貫通して破壊された痕らしい」というものであった。たしかに銃で撃った時に出来る痕と同様に、弾丸が入ったと思われる穴は小さく、弾丸が貫通して抜けたと思われる反対側の損傷は著しく激しいのが見て取れる。
posted by yutanpe at 14:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 超古代の謎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この写真の判定(銃跡)だとしますと(そうだと言ってますが)、驚嘆です。もう少し詳しく知りたいとおもました。
Posted by イオスチャンドラー at 2014年05月16日 20:11
まあ偶然でしょw
Posted by at 2015年05月17日 15:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33115680

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。